本文へスキップ

営業支援と環境ビジネスのエナジストワークス株式会社

メール問合せ info@energist.co.jp

TEL.03-6868-3628

ビジネスコンサルティング事業の取り組み
− 営業アウトソーシング/営業代行戦略
BUSINESS OUTSOURCING

営業アウトソーシング/営業代行戦略

「営業機能」をどう構築するか?


アウトソーシングの基本定義


アウト(=外部)+リソース(=資源)+ソーシング(=調達先の確保)
総じて、経営に必要な機能の全部あるいは一部を社外調達、外部委託により機能化させること。

企業経営とは、ものをつくる、ものを売る、ものを勘定する、ものを管理するなど、会社の規模に関係なく共通の機能を整えなければ成り立ちません。

この中でも、「営業機能」はプロフィット(=収益)センターとして必要不可欠なものです。

しかし、営業という領域は、市場や経済情勢に合わせて局面対応が必要なうえに、職域としても経験やノウハウ、マンパワーなど極めて独特な能力や見識力を必要とします。

特に営業を”聖域”としない会社では、これらの機能を『自前』で構築することは多大なリソースを固定費として投入し続ける覚悟が必要です。

しかし、企業における経営リソース(=ヒト・モノ・カネ)は限られています。

そこで、「営業アウトソーシング営業代行」という概念が浮上するわけです。

営業アウトソーシングの活用


















 営業アウトソーシング/営業代行の活用法とは?


営業アウトソーシング/営業代行は、その時々の経営体制や状況変化に合わせて、営業機能の最適化を図ることが可能となり、リソースコントロールが容易になるというメリットがあります。

例えば、

 ・商品力に自信があるが、営業力が不足しているため売上が思うように伸びない
 ・OEMから自社ブランド立ち上げによる市場参入をしたい
 ・新規開発商品にともない、新たな販路開拓を必要とする
 ・人海戦術を駆使して、低効率な営業活動をするだけのプロパー人材がいない
 ・自前で構築した営業機能を更に強化する必要がある              など

このような局面にも、アウトソーサーが保有する高度なスキルと成功ノウハウを経営の即戦力として組み込むことが可能です。

人材面はもちろんのこと、戦略面、戦術面、体制面など、営業機能のの最適化を考えた場合、「営業アウトソーシング/営業代行の活用」という新たな選択肢が、戦略実現へのキーポイントになることでしょう。


 テレアポ営業代行支援サービスのご案内
エナジストワークスでは、優良見込案件やリード客の獲得に向けたマーケティング戦略の一環として、BtoBアウトバウンドに特化したテレコールによる営業代行サービスをご提供しています。
また、営業アウトソーシング/営業代行の導入をご検討のお客様には、最適活用へのコンサルテーションも行っております。お気軽にご相談、お問合せください。
テレアポ営業代行支援サービスについてはこちら
テレアポ営業代行支援サービスのご案内


営業コンサルティング導入の流れ