本文へスキップ

営業支援と環境ビジネスのエナジストワークス株式会社

メール問合せ info@energist.co.jp

TEL.03-6868-3628

ビジネスコンサルティング事業の取り組み
− 営業戦略コンサルティング
BUSINESS STRATEGY CONSULTING

営業戦略コンサルティング

 戦略とは「頭脳」である!


そもそも企業経営にとって「戦略」とは何でしょうか?

それは、企業の存在意義が深く関わっています。
企業経営の本質は、収益を上げながら永続的に成長し続けることにあります。
これを企業の営業部門にあてはめて考えてみましょう。

企業における営業部門とは、収益に直接的に関与するプロフィットセンターです。
それだけに、営業人材面の確保と強化、それらをまとめあげる管理や体制面の基盤づくりなどが常に経営課題の筆頭にあげられています。

しかし、もう一つ大事な要素があることを忘れてはなりません。
それが、「戦略」です。
これを人間の体に置き換えて考えてみましょう。

人間の体は「頭」「体幹」「手足」の3つの機能が備わっている生き物です。
これと同じく、企業の営業部門にも3つの機能が本来備わっていなければならないのです。
それは、「戦略」「体制」「人材」です。

企業における実行部隊である営業スタッフは、企業体では「人材」、人間体に例えると「手足」です。
しかし、いくら腕力や脚力を鍛えても、それを支える「体幹(すなわち、体制基盤)」が整っていなければ威力を発揮できません。

更に、手足や体幹を効果的かつ最適化させるためには「頭脳」も必要です。
その頭脳にあたるのが「戦略」と言うわけです。

企業における営業部門の位置づけ


 営業戦略とは何か?


営業戦略とは、企業の生命線である「収益」を確保するために策略を企てることです。
その収益を生み出すフィールドは、「市場」です。

その市場は、業種・業態を問わず様々な企業が参入し、限られたパイをめぐって熾烈な競争を繰り広げています。
つまり、営業戦略とは「市場競争戦略」そのものであると言えるのです。

競争優位に立つためにはどうすれば良いか?
どのような「勝策」をもって挑むのか?

まさに、企業経営の存続のカギを握るのが「営業戦略」と言うことです。


 営業戦略策定のポイントとは


営業戦略の策定、もしくは再構築を図る際には、次に示す4つのポイントが大切な要素となります。
現在の自社戦略と照らし合わせて検証してみてはいかがでしょうか。

  1.何に注目し、何に絞り込んでいるのか?
  2.何と何がどう紐付いているのか?
  3.一つ一つの要素の「源泉」はどこからきているのか?
  4.どのような根拠を示せるのか?



 営業戦略策定コンサルティングのご案内
エナジストワークスでは、中小・ベンチャー企業・新会社設立企業・新規事業参入企業を中心に、営業戦略の策定サポートサービスをご提供しています。
お客様企業一社一社の競争力の源泉を見い出し、勝策を打ち出すことで、営業戦略のシナリオをより確かものに導きます。お気軽にご相談、お問合せください。

営業戦略策定コンサルティングについてはこちら
営業戦略策定コンサルティング


営業コンサルティング導入の流れ